心体育道創始者 廣原 誠 Profile
理念 - 自己実現や社会的貢献にも役立つ、心体ともに健康な人間形成
技術的特長 - 勝つのではなく、負けないための精神と肉体を養成
 武術面
 健康面
型稽古重要性 - スポーツ格闘技の”想定外”を想定した「型」で、真の護身術を安全かつ確実に習得
稽古体系 - 年齢・性別・身体能力に左右されない、洗練されたカリキュラム
1 基本準備運動 ※ 体をくねらせたり、振ったりする体操を稽古の始めに行います。
2 立ち方と足運び
3 受け・突き・蹴り・投げなどの基本動作(1人動作・相対動作)
4 型の練習(1人動作・相対動作)
5 約束組手(相対動作)  1人対1人/1人対複数人
6 体操
※外国の格闘技誌に掲載された写真の一部。
心体育道は外国にも知られています。
X